« RADWIMPS | トップページ | イメージの花 »

与えられた‘身体’

先日、読売新聞に

『大食いやタトゥーなど、身体の限界、痛みなどから

生きている証しを得たり、自分探しをしている人たちがいる。』

との記事があった。

確かにリスト・カットなんて、身近に聞く言葉。

痛み=生きている実感

分からないでもない。

ただ流されるように、同じ事を繰り返しているかのような

日々の中。

心臓が動いているのかも

体中に、血液が流れているのかも

呼吸しているのかさえも、忘れそうになる時がある。

そんな時、自ら痛みを与え、

赤く流れる生暖かい血を見て、感じれば

‘ああ、わたし、生きてるんだ。’

って、実感するのだろう。

ただ、やはり傷ついた身体を見るのは痛々しい。

痛みなくして『生きている証し』は

手に入れられないものだろうか。

与えられたこの身体。

出来るだけ綺麗に、シンプルに、大切に使っていきたい。

最近、そんな風に思う。

|

« RADWIMPS | トップページ | イメージの花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パンダさん、こんばんは。
ドラマで、リスト・カットの場面を見ると、自分が痛いわけじゃないのに、
思わず「痛ッ!」と言ってしまいます。

>傷ついた身体を見るのは痛々しい。
私もそう感じます。生きていれば、心が痛むことがたくさんある。
痛みが『生きている証』なのだとすれば、心の痛みがある。
身体まで自ら痛めることはしたくないなぁ、というか私はできません。

>与えられたこの身体。出来るだけ綺麗に、シンプルに、大切に使っていきたい。
私もそう望みます。

投稿: | 2008年4月24日 (木) 21時25分

そういうことでしか、生きている事を実感できないなんて寂しいですね。そしてそれに同調してしまう人が少なからずいる今の世の中、間違っているような気がします。
私は臆病なので、自分の身体を傷つける事はできません・・・。

投稿: グッピーちゃん | 2008年4月25日 (金) 08時16分

蓮さん、こんにちは!

お返事、とても遅くなってしまいごめんなさい!

仕事や子供の事でバタバタしてしまい
なんだか疲れが抜けなくて、パソコンに向かう気力が
なくなっていました。

でも、いっぱい食べて、いっぱい休んだので
回復しつつあります(^^)

ブログでの交流は、楽しみなので
また、よろしくお願いしますね♪

さて、痛みで生を感じる。
そうそう、痛みには心の痛みがありますよね。

私も、コレが一番きついし辛いです。

だからこそ、表に現れている部分は
大切にしていきたいって思ったのかもしれません。

投稿: 寝起きのパンダ | 2008年4月30日 (水) 16時06分

グッピーさん、こんにちは!

お返事、遅くなってごめんなさい。
なんだか生活がバタバタして、疲れが取れませんでした。

楽しくブログを続けるためにも、元気でいなくちゃ
ですよね♪

さて、自ら痛みを与える事は、生を感じる
一番手っ取り早いやり方なのかもしれません。。

私も、すごく臆病ですよ(子供には‘ビビリ’と言われています。(笑)
痛みには臆病くらいがちょうど良いかもしれません。

投稿: 寝起きのパンダ | 2008年4月30日 (水) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134062/40978572

この記事へのトラックバック一覧です: 与えられた‘身体’:

» エドハーディーのキャップ6 − Love Life Luck [エドハーディー冴える!]
赤いハート型紋様をそのオフホワイトの羽根に持つ蝶が、同じくオフホワイトのリボンと絡まりながら華麗に舞う姿をデザインしたのが、”Love Life Luck”。ラインストーンシリーズのみの設定となる、エドハーディーのスペシャルキャップの中のひとつです。蝶をモチーフにしたタトゥーというのは日本でも昔から見られますが、蝶には、その羽根の色彩の不思議さやひらひらと舞う姿の不思議さからか、人の魂や生死に関わるいろいろな伝承が... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 21時07分

« RADWIMPS | トップページ | イメージの花 »