« ハーブ&ソーセージ! | トップページ | あるバレンタインの図式 »

あの日の、ジョニー・デップのように。。

うちの近所には、野菜畑がいくつかある。

新鮮で美味しい自家製の野菜。

数年前、仲良くなったおじさんから格安でゆずってもらっている。

納得がいかない出来のときは

「今日のは、お金要らないよ!こんなんでお金もらっちゃ、

 おじさんのプライドが許さない。」

なんていう。

そんなおじさん、ここ1ヶ月ばかり姿を見ていない。

気になって、自宅を訪ねてみた。

奥様が出てきて、入院している旨を聞かされた。

奥様とは初対面。

何度か手料理をご馳走になっているので

お礼を言って、帰った。

午後、下の子を連れておじさんが入院している病院へお見舞いに行った。

スイトピーとカスミ草の花束を持って。

病室のネームプレートを確認し、控えめにノックをする。

「・・・はい。」

と小さな声が聞こえた。

「こんにちは。」

口角を上げ、笑顔を作りながら言った。

ビックリしたような、おじさんの顔。

「・・ああ、来てくれたんだね。嬉しいよ。入院した事、誰にも言ってなくてね。。」

そう言いながら、枕元にあったタオルで目元を何度も拭った。

胸がドキン、とした。

こんなに喜んでくれるなんて。。

花を花瓶に移し、しばらく話をした。

「早く元気になって、また美味しい野菜を作ってくださいね。」

そう言って、病室を後にした。

*************************************************************

あの日のジョニー・デップは、たくさんの人を幸せにした。

私はそれを目の当たりにして、彼の持っているパワーの凄さを知った。

何千、何万の人を喜ばせる力。

もし、私にほんの少しでもその力があるなら、とても嬉しい。

|

« ハーブ&ソーセージ! | トップページ | あるバレンタインの図式 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パンダさん、こんばんは☆
胸にくるお話でした。
ご自宅を訪ねてよかったですよね。お見舞いに行くことができて。
身体を悪くして、ポーンと別世界に放り出されたように孤独を感じてしまった経験があります。そういうときに気にかけてくれる人がいると、救われますし、あたたかい心は力を与えてくれました!
きっと、パンダさんのお見舞いは“おじさん”の心の力になったと思います!

投稿: | 2008年2月11日 (月) 21時22分

ステキなお話をありがとう。
心が洗われました。

マスコミから流されるニュースは、暗いものが多いけど、
こういうエピソードを、みんなが体験できれば、
世の中、変わっていくのにな…と思いました。

パンダさん、いい出会いでしたね。
勿論、おじさんにとっても。
そして、そのことを知ることが出来た私も。


投稿: tomopee | 2008年2月12日 (火) 07時52分

入院した時の楽しみは、食事とお見舞いだけでした。
きっとおじさん、とっても喜ばれたのでしょうね。
人を喜ばせる事ができる、なかなか易しいようで難しい事です。
ちょっぴりうるうるしてしまったグッピーでした。

投稿: グッピーちゃん | 2008年2月12日 (火) 12時44分

蓮さん、こんにちは!

お返事、遅くなりました。

虫の知らせ、というのでしょうか。
‘行ってみよう。’という気になったんです。
不思議ですよね。

私は、出産の時以来、入院経験のない健康体ですが
蓮さんのコメントの様子は想像が出来ます。

‘心の力’になれたのなら、本当に嬉しいです(^^)

投稿: 寝起きのパンダ | 2008年2月14日 (木) 09時20分

tomopeeさん、こんにちは!

この‘おじさん’私のこと、親戚以外で唯一
(○○ちゃん)と下の名前で呼ぶ、フレンドリーな方です(笑)

本当、マスコミから流されるニュースは殺伐としてますよね。

だからこそ、このブログでは‘ちょっと良い話’
を集めていきたいと思っています。

投稿: 寝起きのパンダ | 2008年2月14日 (木) 09時36分

グッピーさん、こんにちは!

入院経験がおありなんですね。

今回はお見舞いに行った時期も良かったのかもしれません。
少し元気になりつつある時だったので。

今回、おじさんを喜ばせる事が出来たのなら
本当に嬉しいです。

投稿: 寝起きのパンダ | 2008年2月14日 (木) 09時53分

こんにちは、パンダさんhappy01

入院中って、とっても心細いもの。。。
パンダさんのやさしさに触れて、
おじさんも、とっても嬉しかったんだと思います。
パンダさん、お見舞いに行くのは
ちょっぴり勇気がいることだったのでは??

人に優しくされると、誰かに優しくしたくなりますよね。
ジョニーはたくさんの人に、
素敵な魔法をかけていったのですね~。

投稿: Pamy | 2008年2月15日 (金) 14時26分

Pamyさん、こんにちは!

ああ。。Pamyさんは昨年、入院されていたんですよね。

お見舞いは、時期も関係あると思うので
今回は本当に良いタイミングだったと思います。

思えば、野菜を買ってるだけの近所のおじさん。
でも、本当によくしてくれるので自然な感じで
行けました。

>人に優しくされると、誰かに優しくしたくなりますよね。

その通りですよね(^^)
ジョニーにかけられた魔法、いつまでも持ち続けて
いたいです。

投稿: 寝起きのパンダ | 2008年2月15日 (金) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134062/40083796

この記事へのトラックバック一覧です: あの日の、ジョニー・デップのように。。:

« ハーブ&ソーセージ! | トップページ | あるバレンタインの図式 »