« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

エネルギー

子供が生まれて、夜中に授乳をするようになってから

ずっと眠りが浅い。

もう、かれこれ14年。。

ちょっとした物音でも、すぐ起きてしまう。

でも、寝不足という事もないから

しっかり睡眠はとれているんだろう。

このところ、夜中に目が覚めてしまうことがある。

ホルモンバランスの変化?ちょっとした悩み事??

そんな時、ベットの中からボーっと月を見ている。

200ka140s 私の悪い視力でも、良く見える

大きな月。

ただ、ぼんやりと見ている。

気が付くと、小さな願い事をしてたり。

月でも、太陽でも、木も、空も。

自然のものには、エネルギーがあると思う。

月を見つめて、少しだけエネルギーをもらって

また、眠りにつこう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

苺のバック

Img_4218 今年、始めての作品です。

手芸屋さんに可愛い布があったので

作ってみました。

なんとなくイギリスのブランド「キャスキッドソン」に

似ていませんか??(笑)

Glv_ca198622

←キャスキッドソン

苺がいっぱいで、気分も春めいてきました♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

早春のマフラー

今年の冬は、ずっとマフラーを探していたような気がする。

年末に行った北海道で会った人がつけてて

(素敵だな。)と思う柄を、一生懸命探してた。

パステルカラーで、小ぶりなストライプ柄のマフラー。

その人がすごく似合ってたから、私も着けてみたい!って思った。

友人に付き合ってもらって、ショッピングセンターを見て歩いた。

似たような品がいくつかあった。

首に巻いてみたけど、あんまり似合わない。

そりゃそうだよね。

私はその人じゃないんだから。

「どんなのが欲しいの?」

友人が言った。

ああ。。そうだ、私が欲しいのは

Img_4215 ホントは

こんな感じだったのかも。

着たい服が似合うとは限らないし

何を買ったらいいのか、いまだによく分からない。

この歳になっても、まだ自分の魅せ方が分かってないんだ。

知り合いが着てたり、雑誌で見てすごく素敵な

服や着こなし、メイクは、すぐ真似したくなってしまう。

だって私、キレイになりたいんだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

週末のロードショー

週末、夜9時位からテレビで放送するロードーショーを

子供と一緒に見るのが好き。

家族で楽しめるような話題作が多いし

恐かったり、残酷なシーンがあれば

「わー、見ないほうがいい!」

なんて、騒げる。

私が観たい映画は、ギャングものだったり

人間の深層心理を探っていくようなのが多いので

テレビ局が選んでくれる映画は、ありがたい。

先週末の「キャット・ウーマン」も楽しかったし

昨日放映の「犬神家の一族」も、何度も見てるのに

ドキドキしながら見た。(これは子供向けじゃないけどね。)

あまり興味のない作品の時は、途中でお風呂に入ったり。

「あれから、どうなったー??」

なんて聞いたりしてね。

*************************************************

先日、映画館で「アメリカンギャングスター」を観たかったのだけど

時間が合わず「アース」を観てきた。

S_photo_08

山、砂漠、岩、滝、氷、雲。。

その壮大さは、圧巻だった。

地球で生を受けた動物たち。

彼らは、精一杯生きていた。

エサを食べ、子を産み、守り、寿命が尽きて死んでいく。

地球の中で生かされている私たち。

人間も、もっとシンプルに生きられないものだろうか。

そして、この映画は子供たちにも是非、見て欲しい。

そんな事を思った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あるバレンタインの図式

R_098 今日は、バレンタインですね♪

カルディ・コーヒーファームで試食して

美味しかったチョコ(オレンジ風味のトリュフ)

を主人にプレゼントして、私も食べてます(^^)/

さて、女の子のみんながみんなお菓子作りが好きだと思ったら

大間違い!

当然、苦手な子だっているし、年に一回作るくらいだと

慣れてないので、石みたいに硬いケーキになったりします。(←経験あり。)

そこで、こんな図式が成立!

親が8割がた作る→あげる→もらった子のお母さんも味見する

2/14。これもりっぱなコミュニケーションです(笑)

最初は失敗したって、いいじゃない!

フレー!フレー!恋する女の子♪

※写真のチョコレートケーキは私が作ったものではありません。念のため。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

あの日の、ジョニー・デップのように。。

うちの近所には、野菜畑がいくつかある。

新鮮で美味しい自家製の野菜。

数年前、仲良くなったおじさんから格安でゆずってもらっている。

納得がいかない出来のときは

「今日のは、お金要らないよ!こんなんでお金もらっちゃ、

 おじさんのプライドが許さない。」

なんていう。

そんなおじさん、ここ1ヶ月ばかり姿を見ていない。

気になって、自宅を訪ねてみた。

奥様が出てきて、入院している旨を聞かされた。

奥様とは初対面。

何度か手料理をご馳走になっているので

お礼を言って、帰った。

午後、下の子を連れておじさんが入院している病院へお見舞いに行った。

スイトピーとカスミ草の花束を持って。

病室のネームプレートを確認し、控えめにノックをする。

「・・・はい。」

と小さな声が聞こえた。

「こんにちは。」

口角を上げ、笑顔を作りながら言った。

ビックリしたような、おじさんの顔。

「・・ああ、来てくれたんだね。嬉しいよ。入院した事、誰にも言ってなくてね。。」

そう言いながら、枕元にあったタオルで目元を何度も拭った。

胸がドキン、とした。

こんなに喜んでくれるなんて。。

花を花瓶に移し、しばらく話をした。

「早く元気になって、また美味しい野菜を作ってくださいね。」

そう言って、病室を後にした。

*************************************************************

あの日のジョニー・デップは、たくさんの人を幸せにした。

私はそれを目の当たりにして、彼の持っているパワーの凄さを知った。

何千、何万の人を喜ばせる力。

もし、私にほんの少しでもその力があるなら、とても嬉しい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ハーブ&ソーセージ!

Img_4203 最近のお気に入り料理。

ローズマリーとポテト、ソーセージを

オリーブオイルで炒め、塩コショウで味付け。

ポテトは、レンジで下ごしらえしておきます。

本屋さんで料理本を立ち読みして仕入れたレシピです。

「どんなソーセージも、美味しくなる!」って、書いてありました(笑)

うん、簡単で美味しい♪

見た目もオシャレなので、休日の朝にピッタリです(^^)!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ありがとっ!

Img_4197 玄関で、元気に咲いているガーベラへ。

水やってるだけなのに

綺麗に咲いてくれて、ありがとう。

ドアを開けてキミの顔を見ると、とても嬉しいよ。ホント。

Img_4198 咲き終わったガーベラへ。

長い間、咲いていてくれたよね。

寒い朝には、少し花びらを閉じ気味にして

日中は、思いっきり顔を上げて。

根元にひょっこり現れた、つぼみの時から知ってる。

どんな色の花が咲くか、楽しみにしてたんだよ。

何日も、楽しませてくれたよね。

今日でお別れだけど、ホント、ありがとっ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どんぶく

どんぶく、綿入れとも言うかな。

私のおばあちゃん(秋田出身)は「どんぶく」って言ってた。

008 おばあちゃんの手作り。

お天気の日に虫干ししたけど

結局、今年も着なかったな。

袖丈は、七分くらいでちょうど良いんだ。

家事の邪魔にならなくて。

でも、ダボッとしてるからエプロンがつけずらい。

どんぶくは、コタツで少し猫背気味に、蜜柑でも食べてる姿がよく似合う。

そう、実家で‘娘’してるときに着るのがちょうど良い。

今年、90歳になるおばあちゃん。

可愛がってくれた、大好きなおばあちゃん。

これからでも、お風呂上りに着てみようかな。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『パフューム ある人殺しの物語』

20061215001fl00001viewrsz150x 先日、ずっと観たかった「パフューム」を観た。

冒頭からすごい!ぐちゃぐちゃで、不衛生で活気があって。

そんな魚市場で、主人公は産み落とされる。

18世紀のパリは、下水道が整っていなかったため

窓から汚物などを道に捨てていたというが、本当だったんだな~。

そんな悪臭に満ちた世界だったからこそ、発展した香水の技術。

舞台がプロバンスに移った瞬間、ホッとした。

私も、臭うはずのない画面から、かなりキツイ臭気を浴びていたらしい。

被害にあう女性は、美しかった。

花屋の前を通った時の匂い。石けんの匂い。フルーツの匂い。。

彼女達が画面で髪をなびかせるたび、そんな匂いに包まれた。

「匂いを保存したい。」

体臭を持たない主人公の男は言う。

私も、匂いは覚えていたいと思う。

(現にジョニーと握手した時は、手をクンクンしました。^^;)

好きな人の匂い、好きな場所の匂い。

雪の匂い、雨の匂い、海の匂い、緑の匂い。。。

それは頭の引き出しにしまうものだけど、

彼はそれを、液体にしてビンに閉じ込めてしまう。

人を操れる神秘の香りを手に入れた主人公が最後に得たものは

「虚しさ」だったのかもしれない。。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »