« お気に入りのパン屋さん | トップページ | 惚れ直した男たち »

ピアノ日和。スッピン日和。

雨が降っている。

それも、ザァザァと音をたてて。

こんな日はピアノ日和

いつもはヘッドホンをして練習しているピアノを

プラグを外して、思いっきり弾こう♪

爪をいつもより短く切って臨んだ「エリーゼのために」。

もう、だいぶエリーゼと仲良しになれた。

(ご近所のみなさま、雨の音の中にヘッタクソな「エリーゼのために」

 が混ざって聞こえていたら、それは私です。ゴメンナサイね!)

雨が降りそうな、重っ苦しい曇り空。

しかもパートが休み。

こんな日は、スッピン日和

おうちの事やって、近所にお買い物。

こんな日に限って、知り合いに会う。

セミヌード見られてるかのような、恥ずかしさ。

夜、お風呂場で、気が付くとクレンジングを顔に塗ってる。

(あっ、一回分損した。)

そんなこんなの、私日和。

|

« お気に入りのパン屋さん | トップページ | 惚れ直した男たち »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パンダさん おはようございます。

こちらは、昨日も今日も、
秋らしくなってきたと感じられるお天気です。
晴れていたり、薄曇りだったり。

>だいぶエリーゼと仲良しになれた。

すごいですね。私なんか、な~んにもやってないです。。。
「仲良し」ってとっても素敵!

>ピアノ日和。スッピン日和。

パンダさんのお人柄が感じられる、やさしい表現です。(笑)

私も、お休みで特別出かける予定のない日は、「スッピン」。
近くのスーパーやショッピングセンターは、
平気でスッピンで出かけちゃいます。
「平気」というところが、ヤバイかも。。。
と、最近ちょっと反省してます!

確かに、知り合いにはあんまり会いたくないですが。(爆)

投稿: ri | 2007年9月13日 (木) 08時19分

寝起きのパンダさん家の方は雨ですか?こちらは毎日暑い日が続いています。明日からやっと雨の予報…。
エリーゼのために…これが弾きたくて、ずいぶん練習したのを思い出しました。あと、アラベスクも好きだったけど、今はもう弾けません"^_^"
私も家ではすっぴん派。仕事から帰ると、すぐメークを落として洗顔します。最近はお散歩タイム、日がとっぷり暮れているから、化粧していなくてもOKだしね。

投稿: グッピーちゃん | 2007年9月13日 (木) 08時21分

riさん、こんばんは!

この日は、低気圧の影響で朝から雨でした。
雨の日は、通学する子供たちも大変そうで、かわいそうですが「おっ!ピアノ日和。」なんて思ったりします。

ピアノは、子供の頃途中でやめてしまったのでリベンジなんです。
今の先生とは、相性が良いみたいで続いています(^^)

riさんも、予定のない日はスッピンですか?
私はスッピンでお買い物の時、ガラスに写る自分に一瞬「誰?」って思ったりしてます(笑)

投稿: 寝起きのパンダ | 2007年9月15日 (土) 23時00分

グッピーさん、こんばんは!

グッピーさんも、エリーゼのために、憧れましたか?
明るい曲でもないのに、なんだか心惹かれるんですよね。
ピアノって、ちゃんと練習して普段から弾いてないととたんに弾けなくなる、不思議な楽器です。

お仕事から帰ってきての洗顔、さっぱりするだろうな。。
私はとりあえずコンタクトとってホッとして、メイク落としはお風呂タイムです(^^)

投稿: 寝起きのパンダ | 2007年9月15日 (土) 23時05分

>セミヌード見られてるかのような、恥ずかしさ。

フルヌードではないのですか・・・
摩訶不思議な女ごころ・・・

投稿: ふる | 2007年9月23日 (日) 00時11分

あらっ!
ふるさん、ようこそおいでくださいました♪

フルヌードと、セミヌード。
とりようによってはどっちが恥ずかしいんだか。。
ハハハッ(^^;)

投稿: 寝起きのパンダ | 2007年9月24日 (月) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134062/16422762

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ日和。スッピン日和。:

» エポラーシェについて [エポラーシェ]
美しい肌で多くのファンを持つ岡江美希さんがプロデュースしたスキンケアアイテムのエポラーシェは無着色、無鉱物油、弱酸性、界面活性剤無添加、パラベンフリーでお肌にやさしいアイテムとなっています。 [続きを読む]

受信: 2007年9月12日 (水) 17時11分

« お気に入りのパン屋さん | トップページ | 惚れ直した男たち »