« 陶芸教室 | トップページ | 夏の戦い »

ユーミンの曲

最近、ユーミンの曲をいくつか思い出しました。

江原啓之の本を何冊か読んだときは

「ダンデライオン」

すごく良い天気のときは

「悲しいほどお天気」

「ダンデライオン」は、

(・・傷ついた日々は彼に出会うための、そうよ、運命が用意してくれた大切な

 レッスン。いま素敵なレディになる。)の所。

ああ、これは彼が言わんとしていることかなって。

「悲しいほどお天気」は、

そんな感じの空は見たことあるけど、どうしてかが分からなかった。

もしかしたら、だけど、こんな風に思ったんだ。

あまりにも綺麗で突き抜けるような青空は

そのすぐ先にある、宇宙を感じさせてしまうのではないかって。

草原に寝転がって空を見ているとき、宇宙を感じてしまったら

もう、自分が小さくて、小さくて悲しくなってしまう。

フッと思い出した2曲でした。

|

« 陶芸教室 | トップページ | 夏の戦い »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

分かります!
すごく晴れ渡った空を見たときって、自分がすごくちっぽけな存在に思えてしまって、さみしくなること。
でも、逆に悩んでいるときなんかは、悩み事がちっぽけに思えて、ふっ切れたりします☆

投稿: ユリコ | 2006年6月 6日 (火) 00時54分

ユリコさん、こんにちは!

本当にそうですよね。
ちっぽけな私の、ちっぽけな悩みなんて
何でもないことのように思えてくる。。
星のたくさん出ている夜空を見ているときも
そんな風に思います。

投稿: 寝起きのパンダ | 2006年6月 7日 (水) 08時17分

こんにちは。パンダさん♪

江原啓之さん…。
私も最近、江原さんの本を読んだり
「オーラの泉」を見たりしています。
○木数○さんのように、抑圧するような言い方でなく、
心にしみる話し方なのがスゴク好きです。
たしか「オーラの泉」だったと思うのですが
涙は心の老廃物を洗い流してくれるのだと言っていました。
それを聞いてホッとしました。
つらい時は泣いてもいいんだなあって。

投稿: Pamy | 2006年6月 7日 (水) 11時47分

pamyさん、こんにちは!

涙は、心の老廃物を洗い流してくれる。か。。。良い言葉ですね。
一生懸命やりすぎちゃってるときに
こんな言葉かけられたら、なんかホッと
しちゃって泣けてきそう。

pamyさんのブログにも書きましたが、
先日「ネバーランド」を観てたくさん泣いたので、だからかなぁ?今、とっても心が凪いでるんです。

投稿: 寝起きのパンダ | 2006年6月 7日 (水) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134062/10401222

この記事へのトラックバック一覧です: ユーミンの曲:

« 陶芸教室 | トップページ | 夏の戦い »